サーバーサイドエンジニア(株式会社うるる シュフティ事業部)

募集背景

開発チーム強化のため

募集部署

株式会社うるる シュフティ事業部 開発チーム

雇用形態

正社員

職種

サーバーサイドエンジニア

募集人数

1名

勤務開始

即日

仕事内容

【仕事内容】
クラウドソーシングサービス「シュフティ」の各種機能開発、および運用・保守をお任せいたします。
「シュフティ」ではソースコードの複雑化や使用技術の老朽化といった課題を解決すべく、2018年6月にシステムのリプレースを行いました。
その際、バックエンドはAPI化しCakePHP1.3からLaravel5.5へ。
フロントエンドはVue.jsを導入しSPAを採用しました
 
機能改善やUI/UX改善といった、サービス改善施策立案・実行に始まり、新アーキテクチャへのリプレース、新技術採り入れを検討しながらアーキテクチャ改善や開発フロー改善に取組んで頂きます。
 
「シュフティ」の開発チームでは、デザインスプリント等を実施し、ユーザーよりフィードバックを受け、他職種のメンバーとも議論を重ねユーザーの声をシステム改善に活かす体制を強化しております。開発手法はスクラムを採用しており、GitHubを使ったチーム開発を行っています。
 
【開発環境/使用技術】
・Javascript(Node.js/ Vue.js)
・mysql5.6
・PHP(Laravel)
・AWS(EC2 / ElasticBeanstalk / ElastiCache / Lambda / RDS / SES / SQS / S3 / CloudFront)
・Docker / Vagrant
・Git / GitHub
・CircleCI / Sider / Jenkins
・DataDog
・New Relic
・Google Analytics
 
【開発手法】
・スクラム開発
 
《仕事の流れ》
・作るものをどう決めるか
イテレーション開始時にプランニングミーティングを行い、エンジニアを含めたの全職種の参加者と一緒に、取り組むべき課題についてディスカッションして作るものを決めています。
またイテレーションとは別に、デザイナー主導のデザインスプリントやユーザーインタビューにも参加し、それをもとにディスカッションを重ねて課題を抽出しており、そちらの改善に向けた施策もスケジュールに組み込みます。
 
・見積もりとスケジュール管理
エンジニアとプロダクトオーナーを参加者としてストーリーポイントの見積もりを行い、イテレーション内のスコープを決定しています。タスクの割り振りは、基本的にエンジニアリーダーがメンバーの状況を確認しながら行いますが、メンバーが優先度が高いと判断したことはリーダーへ相談しており、着手に至ることもあります。
スケジュールはプロダクトオーナーを中心にチーム全体で確認を行っており、全体の計画・プロジェクトごとの進捗が見えるようになっています。
より大きなスケジュール(マイルストーンなど)は事業部長・プロダクトオーナー・開発チームリーダーといったメンバーが集まり、毎月/四半期の単位で確認・調整しています。
 
・開発フロー
アジャイル開発プロセスに則った周期的な開発を行っており、1イテレーションを2週間として見積もり・計画・開発・リリース・ふりかえりを順次実施しています。
イテレーション終了時は、事業部長を筆頭にすべての職種を交えた規模の大きなミーティングを実施して、チームメンバー全員でのふりかえりを行っています。そこでは、「どのような変更がプロダクトに対して行われたのか」といった共有や「イテレーションでの仕事について何か改善を感じる箇所が無かったか」といったふりかえりをメインとして、プロジェクト全体の方向性見直し、およびチーム内の業務理解に役立てています。
 
・コードレビュー
GitHub の Pull Request をベースに、エンジニア同士でレビューを行っています。基本的に1名から OK が出ればマージ可能としていますが、仕様・動作確認や自動テストを通過していないとマージされないように自動化しています。
設計レビューは基本的に各担当者が裁量を持ち、ソースコードレビューで担保していますが、例えば決済に関わるような重要機能については知見豊富な担当者のレビューを必須としています。
また、デザインレビューは Prott を使い、デザイナー中心に職種問わずメンバーがコメントをつける形式で実施します。
 
・ソフトウェアテスト
機能実装時に単体・機能テストを行うテストコードも同時に作成し、CircleCI で実行。静的解析についても自動化しており、PhpMetrics という静的解析ツールを使いソースコードの複雑度を数値化しています。また、Sider や ESLint でコーディング規約に外れたソースコードが生まれないようにしています。
手動でのテストは2段階行うようにしており、1段階目は Pull Request ごとの仕様テスト環境、2段階目はリリースタイミングごとの結合テスト環境を揃えるようにしています。

給与

【年収】
・420万円~700万円を想定 ※前職給与、経験・能力考慮
[内訳]
月給25万円~50万円+残業手当月30時間と仮定(残業代1分単位支給です)、
賞与年2回(4、10月:1回あたり基本給1ヶ月がベース。業績評価により上下あり)
※実際の残業時間は、正社員平均で月30時間位です。

応募資格

【応募資格】
・Web言語、Webフレームワークの利用経験
・チームでの開発経験
 
【歓迎経験】
・Webアプリケーションの開発経験
・グロースハックへの興味/経験
・UI設計、デザインへの興味/経験
・クライアントサイドMVC、MVVMフレームワークを用いた開発経験
・クラウドIaaSを利用したインフラ構築/運用経験
・開発フローの改善経験
・Webサイトのパフォーマンス改善経験
・オブジェクト指向プログラミングの基礎知識
・失敗を恐れず新たな技術に挑戦できる方
・GitHub 等でのソース公開、オープンソース活動への参加
 
【求める人物像】
・プロダクトの改善を牽引できる方
・行動学、ゲーミフィケーションに興味がある方
・「CIを回しながら、日々デプロイし、良いサービスにしたい」という気持ちとやる気
・「メンテナブルで、読みやすいコードを書く」という気持ち
・チームでの成果を大切にできる方(チーム思考)
・当事者意識を持って、納得して働くことのできる方
・ベンチャースピリットを持ち、新しいことへの挑戦を恐れず成長し続ける意欲のある方

勤務時間

10:00~19:00(休憩 1時間)

勤務地

東京都中央区晴海3-12-1KDX晴海ビル9F(うるる本社) 「勝どき駅」徒歩10分

待遇

【待遇】
・昇給年1回(4月)
・賞与年2回(4月、10月)
・各種社会保険完備
・交通費支給(月額上限5万円)
・成長支援制度
・社内公募型ジョブリクエスト制度
・ヤクルト製品1日1本無料
・リラックスルーム(マッサージチェア常設)完備
・時差勤務制度(上長/人事承認必須)
・在宅勤務制度(上長/人事承認必須)
 ※「在宅勤務制度」については、勤続年数2年以上の者を対象とする

休日休暇

【休日休暇】
・完全週休2日制(土日祝)
・GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇 ※2019年度 年間休日130日
・有給休暇制度(年40時間まで時間単位取得可)
・その他休日休暇
 育児休業(3歳まで応相談)、育児短時間勤務制度(小学校3年生まで可)、こども休暇(お子様のイベントや病気の時に使用できるお休みです。無給・10日/年)、介護休業、慶弔休暇、ストック休暇(消失してしまった有給休暇を育児・介護・療養などのために使用できる制度です。)

採用メッセージ

【このような方からのご応募お待ちしております!】
◆これまで、Web事業会社でWebエンジニアとして仕事をしてきた。
Webアプリケーション構築に必要な技術は基本的に幅広く習得し、それなりに使えるようになった自信がありつつも、自己研鑽は止めたくないと考えている。
これからのキャリアを考える中で、自らがどんな仕事に携わっていきたいかを考え直すことがあった。社会的意義とビジネスモデルの秀逸さが両立しているような要素が面白さだと感じ、自分が本当に面白いと思える会社をゆっくりと探しているところである。もしその会社に出会えれば会社の規模や状況は気にせず、とことん面白さに突き進んでいこうと考えている。
突き進む中で必要なことはどんどん手を出していきたいと思っている。例えばデザイナーでなくともUIについての意見や提案はすべきだと思っているし、改善し続ける文化を醸成する必要があると感じたら周りのメンバーを巻き込んで実現していきたい。
そしてそういったことにチャレンジする中で、自らの成長と会社の成長と社会の成長を実現していきたい。
 
◆これまでは受託会社で働いていた。
顧客と要件定義をしながらシステム開発を行ってきた経験があり、顧客が求めるイメージや機能を引き出しながらシステムを作っていくことに楽しさは感じている。
これからは短期的なシステムへの関わり方ではなく、改善を繰り返しながら長期的に関わり、自らの手でサービスを作り上げていく経験を積みたい。
サービスを作り上げていく過程の中では、自らの得意分野のみに留まらず、プロダクト責任者やデザイナーと活発に議論を交わしながらユーザーにとってより良い価値を提供していくことを目指していきたい。
また、そのサービスを作る立場であるエンジニアがより良い開発を行うために必要なプラクティスを見つけたら積極的に導入していきたい。
そういったことにチャレンジする中で、自らの成長と会社の成長と社会の成長を実現していきたい。