シュフティ事業部 部長 兼 事業推進部 コミュニケーション・デザイン課 課長

staff13_1

脇村 瞬太

2011年入社

大学卒業後、建築系の商社に入社し、住宅設備機器の営業職に従事。その後、インターネット広告代理店に入社し、大手プロバイダーやメーカーのプロモーションやリスティング広告やアフェリエイトの広告のコンサルティングなどに携わる。その際、自社サービスを運営しているお客様と関わる中で、自身も自社サービスを運営する側にまわりたいと感じ、うるるへ入社。

_現在の仕事内容を教えてください

私は事業責任者と横串部門責任者の掛け持ちという珍しいポジションを担っています。シュフティ事業部では部長に就いています。部門のマネジメントはもちろんですが、ビジネスサイドでの企画実行からマーケティングやPR活動など幅広い業務に携わっています。またコミュニケーション・デザイン課とは、全社のマーケティングを担う課なのですが、こちらでも責任者をやっています。各プロダクト毎のマーケティング担当者との連携やナレッジ共有の旗振り、また人材の育成などを担っています。

_今の仕事のやりがいは何ですか?

自分でやるべきことを定め、やったことない仕事にどんどんチャレンジできることですかね。簡単な仕事ではないですが、頑張った分成果もダイレクトに返ってきますし、得た知見なども日々の業務ですぐに試すことのできる土壌がある会社なので、スピード感を持って皆と成長ができているなと感じています。

_うるるを選んだ理由を教えてください

ベンチャー企業であること、自社サービスを運営していること、そして面接で会った人たちがとても良い人たちだった。この三点ですかね。面接では主にうるるの課題について確認をさせてもらったのですが、その課題は自分のスキルセットで埋めて行けるんじゃないか、つまり会社の成長に自分が貢献できるんじゃないかと思ったのを明確に憶えています。うるるで活躍できるイメージを最初から持てましたし、経営や事業への向き合い方にどなたも真摯だったので、腰を据えて働くことができる会社だと感じました。

_入社前と入社後でうるるの印象で変わった部分はありますか?

いや、特にないですね。面接で会った人たちが面接時も入社後も裏表なく、良い意味で期待感がそのままの現実でした。あとは、経営と現場の近さを感じました。経営陣も管理職の方々も皆オープンな方で、同じくらいの規模の会社と比較しても、うるるはとても風通しが良いと感じましたね。また、うるるスピリットで「会社はホーム 社員はファミリー」を掲げているのですが、これが単なる標語ではないということも入社して感じました。まさに「ファミリー感」という言葉なんですかね。これは働いていくうえでとても大事なことなんだなぁと実感しました。余談ですが、他人に対しては厳しくないけど自分に対しては厳しい人が多いなとも感じましたね。

staff13_2

_これからチャレンジしたいことは何ですか?

まずは自分が携わるサービスを圧倒的に成長させたいですね。例えばシュフティであれば、初めて会った人でも誰でも”シュフティを知っている・使っている”という世界観ですかね。
マーケティングの観点でいきますと、脇村個人としても市場に於いてバリューのある人材を目指したいです。「コイツが携わる事業は必ず成長する」こんなキャッチコピーを自分の名刺にしたいですね。(笑)

_業務終了後orオフの日は何をしていますか?

4歳と2歳の子どもがいるので、家族で出かけたり、食事を共にしたリすることが多いですかね(というか、家庭持ちは皆こんな週末を過ごしているのではないでしょうか?笑)。また、平日の夜は社外の方、特にITベンチャー界隈の方々とお酒を飲みながら情報交換することが多いですね。IT業界の諸先輩方と時間を共にすることで自身の視座を上げて、知見などをどんどん高めていく。こういう時間も大いに楽しんでいます。

_うるるへの就職を検討している方にメッセージをお願いします

うるるは自分が良いと思ったことを、皆のサポートを受けながら一生懸命頑張ることのできる土台があるので、自分の信念をビジネスにぶつけたい方はうるるに向いていると思います。また、うるるは理念経営を貫いています。”目先の儲かる”を指標にしたジャッジではなく、ビジョン達成のために日々のジャッジを自信もってできる会社ということも魅力的だと思います。あるべき姿からブレイクダウンして現状認識や成長像を思い描ける様なメンバーにゼヒ来てほしいですし、一緒に刺激し合っていきたいです。

_これからのうるるをどんな会社にしていきたいですか?

今のうるるの雰囲気はとても大好きなので、ずっとこの雰囲気を残していきたいですね。この良き雰囲気を保ちつつ、多くの優秀な方が参画したいと思ってもらえる会社にしたいです。そのためには、もっとプロダクトが良くならなきゃいけないですし、イキイキ働いているメンバーの情報ももっと外に発信していくべきだと思っています。行きつくところ、プロダクトのユーザーだった人からも、「こんな素晴らしいプロダクトに自分も携わってみたい」と思ってもらえる様な会社にしたいですね。企業理念である、世界に期待され応援される企業を皆で目指したいと思います。

staff13_3

このスタッフが担当している(していた)サービスはこちら