えんフォト事業部 部長 × 執行役員 新規事業開発部 部長 -対談-

staff14_1

田中 偉嗣(左)

2010年入社

大学卒業後、コンサルティング会社に入社。入社3年目にその会社からの事業授受にて独立し、資金調達支援と営業支援を事業とする会社の代表に就任。その会社での活動中にうるる代表の星と出会う。星の長年にわたる口説きを受け入れる形でうるるへ入社。

渡邉 貴彦(右)

2010年入社

大学卒業後、求人広告会社に入社。小売店の顧客を中心に提案営業を実施。前職時の先輩にあたるうるる取締役の小林からの誘いを受け、うるるに入社。

_新規事業を立ち上げる部門の責任者である渡邉貴彦さんと、CGS事業として成長を続けるえんフォト事業の責任者である田中偉嗣さん。うるるを引っ張っていく立場の2人にうるるでの仕事内容ややりがいについて伺いました。

渡邉:私のミッションは、寝ても転んでも新規事業の立ち上げ、すなわち黒字事業を立ち上げることですね。事業のネタ探しから事業戦略構築、営業や施工の仕組みつくりなど事業立上げに於けるすべてのフェーズをチームメンバーと共に実施しています。田中さんもえんフォトを立ち上げる時ってまさにこんな感じだったんですか?

田中:はい、まさにそうですね。私の場合はえんフォトがリリースされて、ユーザーが少しずつ増えて来たタイミングでえんフォトを受け取ったのですが、営業の体制や事業戦略などは殆ど白紙の状態だったので、そこの整備から入りましたね。

渡邉:事業立上げのまさに一番面白い部分ですかね?

田中:そうですね。多少なりともKPIは見えていたので、どのKPIを上げていくのが事業のスケールに最短距離で繋がっていくのかの見極めを実施しながら、現地現物でユーザーヒアリングなどを重ねて、数えきれない施策を打ってPDCAを回してきましたね。

渡邉:面白さもあり、苦しみもあり、というビジネスの楽しさを感じるフェーズですよね。

田中:苦しんだ分、上手く行ったときの喜びは本当にヤバいですよね。今ではある程度事業も軌道に乗り、営業メンバーやサポートメンバーのマネジメント、そして新たな収益源の設計など、着々と前に進んでいる感じがありますね。

渡邉:うるるって、自分たちの裁量で様々なことをやらせてもらえるので、僕らみたいな自分で意思決定をして、自分ですべて実行できることが好きな人間にとってはとても素晴らしい会社ですよね。

田中:うん、それホントそう思います。

渡邉:一方で、自分一人のチカラでは限界があることも良くわかっているので、メンバーの得意不得意を認識しつつ、業務遂行をメンバーに権限委譲し、それぞれの得意な部分をどんどん引き出していく、そしてメンバーが成果を出せばチーム全体のモチベーションも上がる。この辺も管理者としての大きなやりがいですよね。

staff17_2

_うるるをけん引する二人が、そもそもうるるを転職先として選んだ理由はどんな点なのでしょうか?

田中:僕は前職、ベンチャー支援系の事業を運営する会社の代表をやっていて、うるるに営業をかけた際に、星社長と出会ったのが最初のうるるとの接点でした。うるるの事業、特にシュフティの話を聞いた際に、「これは面白い!」と感じてしまったんですよね。あとは、社長の誠実な人柄ですかね。当時年間100名以上の社長とお会いする仕事をしていましたが、実は誠実じゃない社長も結構多いんです。

渡邉:うんうん、そういう方も結構多いのが実態ですよね。

田中:はい。自分を大きく見せようとするというか、なんというか。一方うちの社長って、誠実というか、一切自分を大きく見せようとしないですよね。そんな人柄に惚れたのを憶えています。そして、社長に「うるるに来ないか」とお誘いを頂いたのがうるるに入るキッカケですね。当時僕は会社の代表をやっていたので、当然すぐには無理で、最初に誘われてから数年経ってのジョインでした。

渡邉:私も実は田中さんと結構近くて、私は取締役の小林さんと前職が一緒だったんです。前職、私が新卒時代にその当時全社NO.1セールスだった小林さんがたまたま僕の教育担当になってくれて、それからの付き合いです。小林さんが先に前職を辞めてうるるに参画して、入札情報速報サービスNJSSを立上げる際に、営業マンが足りず僕に声をかけてくれました。わざわざ中野区の僕の前職の営業エリアまで来てくれてランチしながら口説かれました。(笑)

田中:小林さんに誘われてすぐ前職を辞めたんですか?

渡邉:はい、実は丁度その時、もっと成長実感を得られる様な会社への転職を検討していた時期でした。あとぶっちゃけですが、当時はベンチャー企業への入社に対して尻込んでいた自分もいました。でも、小林さんがいる会社なら何とかなるだろうと思ったのと、失敗してもまた転職すれば良いや、なんて思って転職を決意したことを憶えていますね。

田中:へぇ~。お互い役員から誘われたことや、より成長できる道を選んだという部分など、結構共通点多いですね。

渡邉:ですね。事前に知っている人がいるというのは安心感ありますもんね。ちなみに入社してからうるるに対するイメージなどが変わった部分とかってありますか?

田中:もともと社長の人柄知っていたので和気あいあい感やフラットな関係性などをイメージしていましたが、まさにその言葉通りでしたね。あとは、チームワークが予想以上に良かったというのが印象深いですね。殺伐さが無いというか、皆を認め合い、皆で会社を伸ばしていこうという温かい雰囲気が強かったというか。

渡邉:うんうん。あれからもう何年も経ちますけど、その雰囲気はより深く全社に浸透してきている感じはしますよね。あと、私がうるるに入社して驚いたのは、(当時オフィスに台所があって)社長が皆のためにカレーライスを作っていたり、夜中に役員に電話をかけて飲みに連れ出したりとか、上下関係はもちろんあるけど、すごくフラットで良い人間関係だなと感じましたね。そしてこの辺も、今も変わっていないなぁと感じていることが多いですね。(笑)

_現在お互いに事業を引っ張っていく立場の二人、これからどういうキャリアを目指し、どういううるるを創っていきたいと思いますか?

渡邉:もちろん足元は新規事業の立ち上げというミッションを成し遂げるだけですが、ゆくゆくは全社の事業を統括的に見る様な立場になりたいと思っています。特に、営業力を活かして業績を上げていく様なことは得意中の得意なので、そんなチームを創り上げていきたいと思っています。

田中:人材育成にとても興味がありますね。人間一人でできることなんてたかが知れているので、事業を見れる様なレベルのメンバーをどんどん育てていきたいですね。そうしたら渡邉さんがどんどん新規事業を立ち上げれば良いだけですからね。(笑)

渡邉:(笑)

田中:あとは、自分も新規事業に長らく携わった経験があるので、「こういうステップを踏めば新規事業を立ち上げることができ、事業の責任者となれる」みたいな、なかなかメソッド化するのが難しそうなステップを、体系的に見出し、社内にどんどん展開していきたいと思っています。

渡邉:そういう意味では、うちはどんどん新規事業を生んでいける様な体質にしていかないと思いますが、やはり避けて通れないのが海外だと思っています。これからの日本は外貨を稼がないといけないので、外貨をしっかりと稼げるビジネスを立ち上げたいですね。

田中:海外だとより大きな規模のビジネスもできますからね。海外事業はゼヒやりたいですよね。あとは、うるるがどれだけ大きくなってもベンチャースピリットを絶対に忘れることの無い組織にしていきたいです。チャレンジする人が賞賛される、だからチャレンジがたくさん生まれる。そんな雰囲気の会社ですかね。

渡邉:ですね。社内で勝手にチームが作られて、勝手に新しい事業案が浮上してくるとか。新しい事業を立ち上げたいというメンバーがどんどん手を上げてくれる様な状態ですかね。うるるは一生ベンチャーですね。

staff17_3

_どんな方がうるるにマッチングしますか?二人が思う、うるるに適する人物像を教えてください

渡邉:自分で考えて自分で行動できる、そして言い訳しない方、でしょうか。主体的ですべてのできごとを自分事として考えられる方にとって、うるるは絶対向いている環境だと思います。

田中:うるるは人間関係が非常に良いですよね。良い人が多いというか。なので、無駄なストレス無く、楽しく仕事ができると思います。うるるにとってはこれが普通なのですが、世の中人間関係で悩んだりしている方も結構多いって聞きますからね。あとは、どんどん新しい仕事に挑戦したい方も大歓迎ですね。うるるは、内容さえ良ければどんな提案でも取りますし、裁量持って沢山の仕事ができると思います。

渡邉:目標と向上心を持って仕事ができる方。目標ってお金でもなんでも良いと私は思います。目標があればそこを追い続けることができるので、沢山の挑戦を果敢にできると思うんですよね。挑戦したい方、大歓迎です。

_最後に、マジメな話が多かったので、「充実していない」という噂のオフの過ごし方を教えてください。

田中:いやいや、充実しまくりですよ。

渡邉:サウナですよね?(笑)

田中:筋トレして、走って、サウナ行って、野郎共で飲んでます。

渡邉:www

田中:なに笑ってるんですか。めちゃくちゃ充実したオフの過ごし方ですよ。逆にどうしてみんなサウナに入らないのかよくわからないですね。その後のビールも旨いし。次引っ越す時はよりサウナに近い部屋を探したいと思っています。というか、渡邉さんこそ充実したオフを過ごしてるんですか?

渡邉:当り前じゃないですか。オフの日はだいたい家で海外ドラマを見ています。

田中:隠居生活か。(笑)

渡邉:(笑) 夏はジェットスキーや野球、冬はスノーボードとかですかね。アウトドアしながら沢山の友達とワイワイしながらバーベキューとかもできますからね。話も楽しみつつ体を動かすのも楽しみつつ、両方を一気に味わえるが醍醐味ですね。ま、基本家で海外ドラマですが。

田中:(笑)