2015.4.7 プレスリリース

主婦向けクラウドソーシングサービスの「シュフティ」×オンライン個別指導のプログラミング学習サービス「CodeCamp」共同プロジェクトを開始

主婦向けクラウドソーシングサービスの「シュフティ」
オンライン個別指導のプログラミング学習サービス「CodeCamp」共同プロジェクト
4/7より未経験の子育て主婦・主夫3名がプログラミング習得に挑戦
子育て時期こそスキルアップ、毎週各自が奮闘をブログに投稿

約12万人の在宅ワーカー・ネットワークを有する主婦向けクラウドソーシングサービス「シュフティ」を運営する株式会社うるる(東京都中央区 代表取締役:星 知也、以下うるる)と、オンラインマンツーマン・プログラミング学習サービス「CodeCamp(コードキャンプ)」を運営する株式会社トライブユニブ(東京都新宿区 代表取締役:池田洋宣、以下トライブユニブ)が、在宅ワーカーのスキルアップを支援する共同プロジェクト「在宅ワーカーの主婦・主夫がプログラミング習得チャレンジ!」を4月7日より開始します。本プロジェクトにあたり「シュフティ」のワーカーに参加募集をかけたところ、約500名の応募があり、在宅ワークを行う未経験の主婦のなかでもプログラミングへの関心が高まっていることが分かりました。

 

■プロジェクト概要

全国のシュフティ登録ワーカーの中から応募があった約500名より選ばれた3名の子育て中の主婦・主夫が、「CodeCamp」の提供するプログラミング習得コースを使い、ゼロから2015年6月末日まで無料でプログラミングを在宅学習します。また、未経験者のプログラミング習得について関心のある人たち向けに、この3名には毎週各々の学習過程をブログとしてうるるが運営するオウンドメディア「在宅ワークマガジン(http://www.shufti.jp/magazine/)」に投稿し、プログラミングを初めて学ぶ主婦・主夫たちの奮闘や悩み、率直な感想等をブログで発信することで、在宅ワーカーへのプログラミング学習への障壁を下げ、ワーカーのスキルアップ機会の増加を図ります。

・詳細:「在宅ワーカーの主婦・主夫がプログラミング習得チャレンジ!」

URL:http://www.shufti.jp/magazine/category/kikaku/shufticodecamp

■プロジェクトのねらい

昨今、出産・育児で離職してから復職できない、本業以外にも副業したい等、さまざまな働き方のニーズに応えた「在宅ワーク」で報酬を得る人々が、増加してきています。ただし、在宅ワークの報酬だけで生計を立てられるという方はそれほど多くはありません。そこで、IT社会で求められる専門スキルとしての「プログラミング」を未経験の在宅ワーカーが修得することで、在宅でも高い報酬を受けられる機会を増やし、ワーカーの多様な働き方、生き方を支援するために本プロジェクトを企画しました。
本企画を受講する対象者3名のプログラミングを取得したい理由

◆プログラミングを習得したい理由

1)carp0p0さん(30代主夫 / 新潟県 / 子ども 2人)
「今月中には仕事を退職して専業主夫となるため、在宅でもしっかり稼いでいけるようにプログラミングスキルを習得したい」

2) アーテンさん(40代主婦 / 千葉県 / 子ども 3人)
「第一子の育児休暇後は元いた職場に復帰したが、現在3人子供がいるのでさすがに会社勤めに復帰するのはむずかしいため、在宅で働きたい。そのためにもいろいろと仕事の幅が広がるプロラミングスキルは習得しておきたい」

3) Miki Iharaさん(20代主婦 / 埼玉県 / 子ども 1人)
「子供が眠ってからの夜の時間(21:00以降)が空いているので、その時間を有効活用して仕事に活きるスキルを習得しようと、プログラミングを学ぶことにしました」

 

<シュフティとは> http://www.shufti.jp/
「シュフティ」は、2007年にサービスを開始した老舗の主婦向けクラウドソーシングサービスです。再就職を目指す主婦や、育児中でも社会とつながるために事務職などで働きたいと考える主婦が、パソコンやスマートフォンを使って「クラウド事務職」として働くことを実現する、主婦向けの在宅ワークマッチングを行ってきました。この数年は、自治体の一人親支援事業などで在宅ワークの啓蒙普及に努めてきたほか、昨年には業界初の在宅ワークお仕事スマホアプリ「シュフティ(iOS・Android)」や、リアルな物品納品の内職マッチングができる「内職機能」をリリースするなど、在宅ワークサービスを拡充してきました。また、今年1月には記事作成特化型の「サグーワークス」との連携により月間10万件以上のタスク型お仕事の提供が可能になるなど、より多くの在宅ワーカーのためのお仕事マッチングのプラットフォーム化を進めています。こうした取り組みにより、昨年から今年にかけて、毎月8,000人ペースで登録を伸ばし、2015 年1月には登録会員数 10 万人を突破しました。
「シュフティ」では、2015年内に累計25万件のユーザー登録獲得を目指し、パートナー企業との連携やサービスの拡充を行いながら、主婦を中心とする在宅ワーカーと企業のより良いお仕事マッチングの機会を創出してまいります。

■シュフティの特徴
・汎用性の高い事務のお仕事多数
・手数料はクライアントからの支払い報酬の10%
・著作権違反の防止のため、案件チェック機能あり
・在宅ワーカーの報酬ボリュームゾーンは2~3万円/月
・ワーカー、クライアントの会員登録料は無料
・在宅ワーカーの能力診断テスト、研修サービスあり
・在宅ワーカーは300円から換金OK、最速5分で現金交換
・スマホアプリでタスク納品あり

<Codecampとは> https://codecamp.jp/
「CodeCamp(コードキャンプ)」は、日本初のビデオ通話によるマンツマーマンでのプログラミングレッスンを提供するオンラインスクールです。インターネットとパソコンさえあれば、全国どこからでもプログラミングのレッスンを受けることができます。また、レッスンは受講生ひとりひとりに合わせた “現役エンジニアによる1対1レッスン” のため、プログラミング未経験者であっても高い習得率を実現しています。2013年10月のサービス開始以来、オンライン・プログラミングスクールのパイオニアとして成長をつづけ、IT企業の勤務者(Webディレクター、デザイナー、営業など)はもちろんのこと、大学生から経営者、会計士、記者など、多様な職種の方が「CodeCamp」を通じてプログラミングを習得し、起業やWebサイト制作の夢を実現しています。現在、受講生数は3,000名以上、講師数は100名以上。

■CodeCampの特徴
・経験豊富な現役エンジニアが講師
・受講生ひとりひとりの経験や知識に合わせたマンツーマンレッスン
・現場で使える“実践力が身につく”課題が満載
・土日祝日でも、毎日10〜24時までレッスンは開講
・1レッスン3,200円からのマンツーマンレッスン
・オンライン以外に、短期集中型のリアル講座、通信講座など多彩な学習環境をご用意

【株式会社うるるについて】http://www.uluru.biz/
代表者:星 知也
設立:2001年8月31日
本社:〒104-0053 東京都中央区晴海3丁目12-1 KDX晴海ビル9F
事業内容:
NJSS事業(入札情報速報サービスの運営)
シュフティ事業(在宅ワークマッチングサービス「シュフティ」の運営、自治体の一人親支援事業などにおける在宅ワークプログラムの提供)
BPO事業(総合型アウトソーシング事業)
園ナビPhoto事業(幼稚園・保育園向け写真販売システム)
KAMIMAGE(カミメージ)事業(タブレットフォームシステム)

【株式会社トライブユニブについて】http://corporate.tribe-univ.com/
代表者:池田洋宣
設立:2012年12月21日
本社:東京都新宿区西新宿2丁目6番1号新宿住友ビル25階 STARTUP Base Camp内
事業:オンラインプログラミングスクール「CodeCamp」の企画・運営

【サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社うるる 担当:田中 TEL:03-6221-3064  E-Mail:info@shufti.jp
株式会社トライブユニブ 担当:石田 TEL:03-6361-1750  Email:info@tribe-univ.com

【報道関係者のお問い合わせ先】
うるるPR事務局(エポックシード 森下・武藤・山森)
TEL:03-3407-5780  E-Mail:press@epochseed.jp