社長あいさつ

星知也

インターネットやPC・スマートフォン等のデバイス普及によって、いつでもどこでも買い物ができるのが当たり前になりました。同じように場所や時間にとらわれない「クラウドワーク」という今までにない働き方も近年生まれつつあります。うるるはITの力で、その一人ひとりの働く時間を集約・活用することによって、今までにない価値あるサービスを提供しております。

子どもが小さくて働きに出られない方、家族に介護が必要な方がいる方、配偶者の転勤が多く定職につけない方、ダブルワークをしたい方、海外在住の方など、外に出て働きに出られない方でも在宅でお仕事ができ、移動中や待ち合わせ時間など外出中のちょっとした空き時間でもお仕事ができる。

今まで収入を得る選択肢が少なかった多くの方に就労機会を提供し、一方で大量の『人のチカラ』を活用できる仕組みをつくり、今までにない便利なサービスを世の中に提供していくことがうるるの使命です。

私たちは、創業当初よりこの新しい働き方、新しい市場をつくるにはどうすれば良いか試行錯誤し、多くのチャレンジを重ねてきました。
その結果、CGS(Crowd Generated Service の略、クラウドワーカーを活用した事業)構想がひとつの答えであることにたどり着き、この構想を推進するための体制構築を地道に進めてきました。
既成の概念にとらわれず、自分たちが信じた道を切り拓いていく。失敗もありますが、その一つひとつが経験や気づきとなり、私たちを成長させてくれています。何ひとつ無駄ではなかったと言い切れます。

これからもうるるはだれかに敷かれたレールの上を進むのではなく、まだだれも進んだことがない道を進み、まだだれも成し得ていない理想の世界を創り、そして作る。失敗をおそれずにチャレンジし続ける。その先にうるるのビジョンである『人のチカラで世界を便利に』があると確信しています。

また、うるるは社会インフラとなるサービスの創出を、強い絆(きずな)で結ばれた仲間と成し得たいと思っています。私たちは、仕事は「何をやるのか」よりも「誰とやるのか」が大切だと考えます。足を引っ張り合い、卑屈(ひくつ)な心で仕事をするのではなく、本気で世の中を変えたいと思う人たちの集まりで、たがいを気づかい、思いやり、支え合える仲間たちで事を成したい。刺激し合い成長し合える環境の中で働き、社外に対してもおもてなしの精神を持ち、世界中の人々から期待され応援される企業でありたい。そのように考えています。

「世の中になくてはならない会社」へと成長し、自分たちがこの世に生まれた存在意義を具現化し、誇れる仕事をしてまいります。

2016年3月 代表取締役

星知也

うるるに関する取材・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

うるるのサービスができる理由

ビジネスモデルはこちら